top of page

オスマー法の開発歴史



イントロダクション

この半世紀の間に、精神的な障害は、神経調節系における特定の欠陥という観点ではなく、神経ネットワークの関係という観点で理解されるようになってきた。欠陥は、脳のダイナミクスと機能的結合性の領域にある。この両者はダイナミックな制御を受けるため、原理的には機能的な手段で回復させることができる。同じ時期に、脳波や脳機能画像におけるグルコース取り込みから得られるリアルタイムの情報に基づいて、自己制御を補助する戦略が成熟してきた。これらは、自己調節能力を高めることによって、回復の可能性があることを証明している。

2つの主要な戦略が登場した。ひとつは、脳波で観察される特定の欠損を識別し、それを標的とする処方的戦略であり、もうひとつは、より一般的な機能的能力の回復を目的とする非処方的戦略である。トップダウンの処方箋的戦略は、学術研究の通常のツールによる評価に適している。しかし、非規定的でオープンエンドなボトムアップの戦略は、そうではありません。しかし、このようなアプローチには大きな魅力があります。それは、そもそも脳が自己調整能力を獲得するまでの過程を模倣しているからです。そのプロセスを、生理学的に適切なリアルタイム情報と顕著な手がかりで補強するだけなのです。

オスマー・メソッドは、機能的能力の回復と強化のための非処方的戦略に対する体系的、順次的、階層的アプローチである。このメソッドは、過去30年以上にわたる実質的な開発努力の成果である。この方法の進化は、信号回復と信号分析における新たな取り組み、大脳の機能構成に関する理論的理解の進歩、臨床観察と研究、そして最終的には大規模な実践者ネットワークによる経験的検証によって支えられてきました。

以下は、この手法の開発とその臨床的有効性を証明するのに役立った出版物のマイルストーンを簡単にまとめたものである。


【日本語翻訳】Research-w-Othmer-Method-2017 (1)
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.68MB

Comments


bottom of page