top of page

インフラ低周波ニューロフィードバックHD

ピークパフォーマンストレーニング

インフラ低周波ニューロフィードバックHDコースを正常に完了し、実習でこの技術をしばらく使用した後、プロトコル開発の次のステップについてさらに学習する準備が整っている方を対象としております。

この2日間のセミナーコースは、アスリートのピークパフォーマンス領域でニューロフィードバックを使用したい参加者のためのものです。この内容は、原則的に他のピークパフォーマンスの状況、すなわち特定の時点でピークパフォーマンスを達成しなければならない場所にも転用可能です。

セミナーコースの焦点は、定義された時点におけるパフォーマンスの最適化です。そのため、競技の特殊な心理的側面も扱うことができる。理論的なアプローチは、系統的な注意の集中のモデルに基づいています。

また、スポーツ心理学トレーニングの中から厳選した内容を実践的に体験することができます。ニューロフィードバックのトレーニングとの接続と統合は、セミナーコースの重要な部分としています。

​セミナーコース概要

必須教育内容
スポーツ心理学入門
心理調整トレーニング
認知機能トレーニング
ニューロフィードバック覚醒トレーニング
アルファ・シータ・トレーニングの活用

 

陸上選手

セミナーコース対象者

​精神科医、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師、言語聴覚士、臨床心理士、精神保健福祉士、言語聴覚士、など

セミナーコース終了後にできる事

コース終了後、以下のことが可能になります。
☑ ニューロフィードバックでアスリートを鍛える
☑ スポーツ心理学の基本を理解する
☑ ニューロフィードバックトレーニングに対するアスリート特有の要求を理解する。
☑ ニューロフィードバックを既存のコーチング概念に統合する

セミナーコース料金に含まれるもの

コース認定証(参加後に電子データを送付します。)
​コース資料(PDFデータ ※印刷ダウンロードはできません。)

 

言語

日本語のみ

講師

EEG Info Europe のトレーナーによるコースセミナーです。

EEG Info 認定証.png
EEG Info アドバンス認定証.png
EEG Info Sy AT認定証.png

一般社団法人 日本医療機器学会 臨床ME専門認定技士
公益社団法人 日本生体医工学会 第一種ME技術者
厚生労働省 臨床工学技士

参考文献

Amazon.png
プロトコールガイドブック.png
Bryanレガシー.png
Amazon.png
NFB書籍.png
Amazon.png
NFB書籍2.png
Amazon.png
書籍 NFB2.png

日本語完全翻訳版 改訂第7版
​翻訳者:MINAMI KAZUYUKI

bottom of page