top of page

インフラ低周波ニューロフィードバックHD

アルファシータートレーニング

ILF ニューロフィードバックHDベーシックコースを正常に完了し、実習でこの技術をしばらく使用した後、プロトコル開発の次のステップについてさらに学習する準備が整っている方を対象としています。このトレーニング コースでは、アルファ シータ トレーニングの歴史と、トラウマ記憶をより深く処理し、より深いヒーリングを促進することにより、このモダリティな結果を向上させる方法について学びます。

​セミナーコース概要

☑ アルファシータトレーニングとは - 歴史と説明

☑ アルファシータトレーニングの適応

☑ クライアントのトレーニングプロトコルにアルファシータトレーニングを導入する方法と時期

☑ アウトカムとアブレーションを理解する

アルファシータトレーニング

セミナーコース対象者

​精神科医、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師、言語聴覚士、臨床心理士、精神保健福祉士、言語聴覚士、など

セミナーコース終了後にできる事

Cygnet での Alpha-Theta アプリケーションの説明
このトレーニング方法と、それがクライアントの個別のトレーニングプロトコルにどのように適合するかを理解する
クライアントのプロトコルにアルファシータトレーニングをいつ、どのように導入するかを知る
このトレーニング方法を使用する際の期待とトレーニング結果を理解する
アルファシータトレーニングを導入した後にトレーニングプロトコルを調整する方法を習得する 

セミナーコース料金に含まれるもの

コース認定証(参加後に電子データを送付します。)
​コース資料(PDFデータ ※印刷ダウンロードはできません。)

 

言語

日本語のみ

講師

EEG Info Europe のトレーナーによるコースセミナーです。

アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング

一般社団法人 日本医療機器学会 臨床ME専門認定技士
公益社団法人 日本生体医工学会 第一種ME技術者
厚生労働省 臨床工学技士

参考文献

アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング
アルファシータトレーニング

日本語完全翻訳版 改訂第7版
​翻訳者:MINAMI KAZUYUKI

bottom of page