top of page

インフラ低周波ニューロフィードバックHD

アドバンスコース

このコースは、ILF ニューロフィードバック プロセスを改善し、クライアントにとって最高のトレーニング成果を達成するのに役立つように設計された、詳細な学習体験です。これには、インフラ低週波の最適化と、症状における覚醒指標の解釈、基本的および特定のトレーニング領域、代替トレーニング プロトコル、およびクライアントのプレゼンテーションとトレーニングへの反応に基づいて方向性の決定を下す方法に関する議論が含まれます。このコースでは、特定のソフトウェア パラメータがニューロフィードバック トレーニング プロセスにどのように関連しているかについて理解を深めることができます。あなた自身またはあなたの最も複雑なクライアントのためのプロトコル最適化の課題についての議論も含まれています.

​セミナーコース概要

☑ インフラ低周波ニューロフィードバックHDのコアコンセプト: 覚醒と興奮性
☑ 報告された症状の変化に基づくトレーニング プロトコルの実装
☑ セッション中およびセッション間の最適化プロセス
☑ 周波数の最適化 - 開始サイトに基づく予測
☑ トレーニング中における覚醒指標の解釈
☑ 基本的な ILF ニューロフィードバックHD プロトコルおよびアプリケーション
☑ その他の ILF ニューロフィードバック トレーニングHD プロトコル、およびアプリケーション
☑ Cygnet: 2 チャンネル ILF HD、信号と抑制、フィードバック、スペクトル表示

ニューロフィードバック

セミナーコース対象者

​精神科医、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師、言語聴覚士、臨床心理士、精神保健福祉士など

セミナーコース終了後にできる事

2 チャンネル-インフラ低周波ニューロフィードバックHD で安全に作業し、持続的にクライアントをサポートできるようになります。

クライアントと状況に応じて、具体的にトレーニングプロトコルを選択して使用することができます。

クライアントがより良い自己調整を達成し、メンタル症状を軽減するのを助けます。これは通常、さらなるトレーニング介入に利益をもたらします

ニューロフィードバックがあなたの毎日にもたらす特定の恩恵を受けてください

セミナーコース料金に含まれるもの

コース認定証(参加後に電子データを送付します。)
​コース資料(PDFデータ ※印刷ダウンロードはできません。)

 

言語

日本語のみ

講師

EEG Info Europe のトレーナーによるコースセミナーです。

ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック

一般社団法人 日本医療機器学会 臨床ME専門認定技士
公益社団法人 日本生体医工学会 第一種ME技術者
厚生労働省 臨床工学技士

参考文献

ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック
ニューロフィードバック

日本語完全翻訳版 改訂第7版
​翻訳者:MINAMI KAZUYUKI

bottom of page