top of page

ブレストレーニングによるストレスケア

バイオフィードバックトレーニング

心拍変動 (HRV) とは何ですか? 皮膚の導電率とは何ですか?手が冷たくなったり熱くなったりするのはなぜですか?そして、これらすべてが幸福と健康にどのような関係があり、これらのパラメーターが影響を受ける可能性があるのでしょうか? 

このコースでは、バイオフィードバックとは何か、心理教育でどのように使用できるか、ニューロフィードバックを理想的に補完できる理由を正確に学びます。臨床応用のためのバイオフィードバックソフトウェアとハ​​ードウェア、およびそれらの分析機能について知ることができます。 

数多くの実践的な演習、自己認識、ケーススタディを使用して、バイオフィードバックがニューロフィードバックトレーニングをさらに最適化し、結果を明確に説明するのにどのように役立つかを学びます。 皮膚コンダクタンス、HRV、体温の生理機能の変化を示すことで、クライアントの身体への意識を高めることができます。

​セミナーコース概要

トレーニングアプリケーション向けの最先端かつ最も包括的なバイオフィードバック ソフトウェアの 1 つを日常的に取り扱うための包括的なトレーニング方法を学びます。

心拍数変動、皮膚コンダクタンス、温度のバイオフィードバックのための AliveⓇ バイオフィードバック ソフトウェアを使用した指センサーの適用、および心理教育での使用、およびニューロフィードバックの補足としての使用する方法を学びます。

自己認識と実践的な演習、およびソフトウェアを操作するための多数のヒントとコツ

piRx3 センサーの使用に関する余談。PiR トレーニングがどのように実行され、どのクライアントグループに対してニューロフィードバックと組み合わせることができるかを学びます。

バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング

セミナーコース対象者

​精神科医、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師、言語聴覚士、臨床心理士、精神保健福祉士、言語聴覚士、など

セミナーコース終了後にできる事

☑ クライアントの経験が体の反応にどのように関連しているかをクライアントに示します

☑ また、バイオフィードバックを使用して、ニューロフィードバックトレーニングパラメーターをさらに最適化します

☑ クライアントが自分の体の反応を理解するのを助ける

☑ 個々のニューロフィードバック セッションの効果をよりよく説明し、クライアントに報告します。

☑ ニューロフィードバックをクライアントに最適に適応させるために、トレーナーとして必要なフィードバックをより適切に説明し、図解する

☑ 非常に不安で懐疑的な患者にトレーニングへの穏やかな紹介を提供する

☑ 感情と身体反応の関係をよりよく理解し、これをトレーニングアプローチに統合する方法を学ぶ

セミナーコース料金に含まれるもの

コース認定証(参加後に電子データを送付します。)
​コース資料(PDFデータ ※印刷ダウンロードはできません。)

 

言語

日本語のみ

講師

EEG Info Europe のトレーナーによるコースセミナーです。

バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング

一般社団法人 日本医療機器学会 臨床ME専門認定技士
公益社団法人 日本生体医工学会 第一種ME技術者
厚生労働省 臨床工学技士

参考文献

バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング
バイオフィードバックトレーニング

日本語完全翻訳版 改訂第7版
​翻訳者:MINAMI KAZUYUKI

bottom of page