top of page
shutterstock_701418418 (1).jpg

バイオフィードバック

Biofeedback

心拍の滑らかな変動はストレスに緩和に役立つと言われています。

人は呼吸を吸うと心拍数が増加し、息を吐くと心拍数が減少します。

ストレスケアマネージメント呼吸法では自律神経系を介して心拍数と呼吸数の結合をトレーニングします。正式な用語は「心肺結合」と言います。人がリラックスしているほど、心拍数の変動と呼吸のリズムが同期します。呼吸の正弦波呼吸曲線をたどると、測定された心拍数は呼吸数に追従し、リラックスした状態になっていきます。

Cardiorespiratory Coupling: Common Rhythms in Cardiac, Sympathetic, and Respiratory Activities

ストレスケアマネージメントのためのブレストレーニングの目標

☑ ストレスの影響を緩和

激しいストレスの中でも落ち着いた状態と明確な⼼を保つことが

できます。

ストレスの多い状況への対処能力が向上できるようになって

いきます。

そして、エネルギー損失を取り戻します。

☑ 睡眠の質の改善

ストレスから回復し睡眠の導入しやすさを改善します。

☑ あなたの感情を安定させ、創造性を⾼めます

精神的な明晰さ、集中⼒、 意思決定能力が向上します。

課題に直⾯したときの柔軟性を⾼めることができます。

精神的なパフォーマンスを⾼めます。

​☑ スポーツ選手のために

スポーツの選手の、⾃信、そして「ゾーン」に⼊る能⼒を構築を目指します

感情グラフ.png
bottom of page